●糖尿病(高血糖症)療養指導士
【とうにょう・びょう(こうけっとう・しょう)りょうよう・しどうし】
(疾患名)


  
1. 日本糖尿病療養指導士とは、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を有し、医師の指示の下で患者に熟練した療養指導を行うことのできる医療従事者(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士の資格を有する者および准看護師、栄養士の資格を有する者。但し、准看護師、栄養士に対する受験資格附与は平成12年度より平成16年度までとする)に対し、本機構が与える資格である。
2. 糖尿病患者の療養指導は糖尿病の治療そのものであるとする立場から、患者に対する療養指導業務は、わが国の医療法で定められているそれぞれの医療職の業務に則って行うものとする。
※日本糖尿病療養指導士認定機構細則より抜粋

(日本糖尿病療養指導士認定機構ホームページ(http://www.cdej.gr.jp/)より)