●糖尿病(高血糖症)性神経障害
【とうにょうびょう(こうけっとうしょう)せい・しんけい・しょうがい】
(疾患名)
英:diabetic neuropathy



糖尿病の著名な慢性合併症(神経障害・腎症・網膜症)は、高血糖状態が長く続くことにより惹き起こされる細小血管障害が原因となっているが、神経障害は上記の合併症の中では最も早い時期に現れる。

糖尿病性神経障害は、人間の神経である中枢神経末梢神経(感覚神経・運動神経)・自律神経のうち、末梢神経自律神経に現れるものである。

* 末梢神経障害

末梢神経のうち、痛みや温度を感じる感覚神経が侵されると、手や足の指先がじんじんしたり、いつも砂を踏んでいるような感じがしたり、あるいはしびれや痛みを感じたりするなどの知覚異常が現れる。このような知覚異常は左右対称に出現し、末梢部分から始まり徐々に身体の中心に向かって症状が侵行するのが特徴である。

一般的に「糖尿病で足を切断した」などと流布されている言説は、厳密には感覚神経障害によるもので、感覚神経が侵されると怪我や火傷(やけど)をしてもそれに気づくのが遅れ、さらに血糖が高いために傷が治癒するのに時間がかかり、そこが化膿し、最終的に壊疽(えそ)を起こしてしまうからである。

また、手や足などを動かす運動神経が侵されると、筋肉に力が入りにくくなったり、顔面神経麻痺や動眼神経麻痺で片方の目が開かなくなったりすることがある。

* 自律神経障害

自律神経とは、全ての内臓と腺、血管を支配し、我々の意識しないところで身体のバランスをとる役割を持っており、呼吸・循環・物質代謝・体温調節・消化・発汗などの機能を調節している。高血糖によりこれらの自律神経が侵されると、上記のような機能がうまく作動しなくなってしまう。例えば、胃のもたれや便秘・下痢、立ちくらみ、排泄困難やED(→)などの症状が現れる。

薬物治療を行っている場合には、これらの自律神経障害により、低血糖(→)が起こっても動悸や発汗などの自覚症状が出現しない場合があるので、低血糖が重症化する危険があるので特に注意が必要である。また、心筋梗塞が起こってもその痛みに気づかず、重篤化する危険もある。

検査としては、ハンマーなどで膝をたたき、足が反射して跳ねるかどうか(深部反射)を調べるものや、音叉を鳴らしてそれをくるぶしなどにあて、その振動をどのぐらいの時間感じていられるか(振動覚)を調べるものがある。また、機械を使う検査としては神経伝導速度(→)がある。

治療については、糖尿病性神経障害は他の合併症と違い初期の段階から自覚症状が現れることが多いので、初期の段階に発見できれば、血糖値を厳密にコントロールすることにより、ある程度時間をかければ改善させることは十分可能である。またアルドース還元酵素阻害剤(→)のような神経障害に効果的とされる薬品もある。