スルホニル尿素剤(SU剤)
するほにる・にょうそ・ざい
(一般名)
英:sulfonylureas


経口血糖降下剤(→)のうち、膵臓β細胞に刺激を与えてインスリンの分泌能力を高めることにより、血糖値の降下を図るもの。よって、β細胞が既に機能していないIDDM患者には全く効果がなく、膵臓β細胞が残存しているNIDDM患者に対してのみ使われる。NIDDM患者に対する経口血糖降下剤の中では、最もよく使われている。

副作用として低血糖(→)があるので、飲み始める際は少量から始めるのがよい。また、手術前後などのストレス状態があるときや妊娠・妊娠の可能性があるときなどは、スルホニル尿素剤が使えずインスリン注射がふさわしい場合もある。

具体的な薬品名としては以下のものがある。

薬品名

製薬会社名

オイグルコン

山之内

グリミクロン

大日本

パミルコン

大正薬品