●新生血管
【しんせい・けっかん】
(一般名)


糖尿病の慢性合併症の一つである網膜症に関連する、脆弱な血管。

網膜症は、

 単純性網膜症前増殖網膜症増殖網膜症網膜剥離・緑内障・白内障、最悪の場合は、失明

という経過を辿るが、新生血管は増殖網膜症の段階の眼底検査で認められるものである。

高血糖状態が長く続くと、眼底の細い血管は高血糖に基づく酸化ストレスにさらされることになり、血流が悪くなり最後は閉塞する。血管が閉塞してしまうと、末梢の細胞へ血液を供給するために血管が新たに延びてくる。新生血管はその発生原因からも分かるように、完全な血管ではなく、一時しのぎに作られた血管なので、非常に破れやすく簡単に出血してしまう特徴がある。その出血によって網膜剥離失明が惹き起こされる可能性が高い。

眼底のレーザー治療はこの新生血管を消滅させたり凝固したりし、さらなる新生血管の発生を食い止めるために行われるが、網膜症の進行を防ぐためにはまず第一に血糖コントロールの改善が求められる。