●食品交換表
【しょくひん・こうかん・ひょう】
(一般名)


食品交換表は、本またはCD−ROMの形で出版されており、主に糖尿病の食事療法(→)に用いられる。

食品交換表は、

  • 私たちの身近な食品を炭水化物(表1)、くだもの(表2)、たんぱく質(表3)、
    乳製品(表4)、油脂(表5)、野菜(表6)の6つに分類し、
  • 各食品の1単位((→)80kcal)分のグラム数を表示したものである。

炭水化物(表1)の例(一部抜粋、『食品交換表、第6版』(日本糖尿病学会・文光堂、2002))

食品名

1単位(g)

ごはん

50

食パン

30

うどん(ゆで)

20

例えば炭水化物(表1)の指示カロリーが1食3単位(=240kcal)であった場合、上の表より、「ごはん」であれば150g(50x3)、「食パン」であれば90g(30x3)、「うどん(ゆで)」であれば60g(20x3)摂ればよいことが分かる。

ここに、

「ごはん」150g=「食パン」90g=「うどん(ゆで)」60g

という関係が成り立ち、同じ表の中の食品であればこのように交換できることから、この表を食品交換表と呼ぶ。

また、この本には指示カロリー(単位数)の表ごとへの振り分け方も掲載されているので、食品交換表を用いれば栄養学などの詳しい知識がなくても、バランスのよい献立を作ることが出来るようになり、糖尿病患者だけでなく健康食を摂りたい人にも役に立つ。

*出版社(文光堂)による『食品交換表』の紹介
http://www.bunkodo.co.jp/books/tounyousyokuhinkoukan6.html

*アマゾン・ドット・コムへのリンク
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4830613416/249-9951659-8520343