●微量アルブミン
【びりょう・あるぶみん】
(一般名)
英:Urine Albumin


尿中で検出されるタンパクの一種で、糖尿病性腎症(→)の検査指標である。

糖尿病性腎症では腎臓の糸球体が機能しなくなり、身体に必要なタンパク質が体外に出てしまうが、腎症の初期段階(早期腎症)に尿中で検出されるものを特に微量アルブミンと呼ぶ。

腎症は、ほとんど自覚症状がないまま、不可逆的なレベルまで病状が進んでしまうが、微量アルブミンが検出される早期腎症の段階で発見することが出来れば、厳格な血糖コントロールや血圧コントロールによって進行を阻止することが可能だと考えられている。よって、IDDM、NIDDMを問わず、糖尿病を持つ人は定期的に検査をすることが望ましい。